Q&A

グリコーゲンについて

グリコーゲンとは何ですか?
肝臓や筋肉、皮膚、脳など、体内のさまざまな場所に存在しています。グリコーゲンは、「生きるために 必須の貯蔵エネルギー源」として蓄えられている多糖類の一種です。
肌のグリコーゲンの量は変化しますか?
肌のグリコーゲンは加齢とともに減少するといわれています。江崎グリコの健康科学研究所では、このことを独自のアプローチで検証しています。
グリコーゲンを食べると、肌のグリコーゲンも増えますか?
通常の生活において、グリコーゲンを食べることによって、肌のグリコーゲン量が大きく変化することはありません。
化粧品とキャラメルに入っているグリコーゲンは同じですか?
違います。gg化粧品には、スキンケア専用に開発したEAPグリコーゲンを配合しています。EAPグリコーゲンは、純度が高く、ナノサイズで、均一形状をしています。

gg製品について

無香料なのに、においがするのはなぜですか?
ggに配合している植物エキスなどの香りです。
ggをつけると、皮膚の表面に膜がはったように感じるのですが、なぜですか?
表面に膜が張る感じがするのは、EAPグリコーゲンが皮膚表面に皮膜をつくり、肌のうるおいを守るベールをつくることで、一時的に膜がはったり、乾いているように感じられるからかも知れません。EAPグリコーゲンは角層にも浸透し、うるおいで満たしながら、肌表面はサラっとした仕上がりにしてくれます。そのため、メイク下地やファンデーションもヨレることなくお使いいただけます。膜感が気になるようでしたら、もう一度、手のひらで優しく顔全体を抑えてみてください。ツッパリ感が和らぎます。
UVカット効果はありますか?
ggには、紫外線吸収剤などUVカット成分は配合しておりません。紫外線が気になる方は、ggを基礎化粧品としてお使いいただいた後、日焼け止めクリームなどのUVカット製品をお使いください。
使用期限はどのくらいですか?
未開封の状態で、高温多湿や直射日光をさけて、風通しのよい冷暗所に保管いただけば、製造日から、約3年間、ご使用いただけます。
開封後はどのくらい使えますか?
開封後は、出来るだけ早めに使い切ることをおすすめします。一般的な化粧品同様に、6カ月程度を目安に使い切っていただくことをおすすめします。また、ご使用後は、キャップをキチンと閉めて、ホコリや雑菌の混入や乾燥を防いでください。高温多湿の場所や直射日光のあたる場所においてあると、変質する可能性がございます。
男性でも使えますか?
年齢や性別に関わらず、お使いいただけます。男性と女性では、皮脂の分泌量が違いますので、お肌の状態にあわせて、量を加減してお使いください。
20代でも使えますか?

ggは、「自発保水(※1)」をテーマに、肌のうるおいに着目したスキンケア化粧品です。年代に関わらず、お肌の乾燥が気になる方には、ぜひ、お使いいただきたいスキンケア化粧品です。

  1. ※1:EAPグリコーゲン配合化粧品が角層にうるおいを与えること
化粧水は冷蔵庫に入れた方がいいですか?
冷蔵庫での保管はおすすめしておりません。 冷蔵庫からの出し入れなどの急激な温度変化は、化粧品の品質に影響することがあります。常温で、直射日光の当たらない場所で保管してください。
お風呂場に置いてもいいですか?
お風呂場は、湿気や室温が高くなるため、化粧品の保存には適しません。お風呂の外に保管するようにしてください。化粧品は、直射日光の当たらない常温で保管してください。